たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: 紹介

Sさんの作った似顔絵作品IMG_3077-t
IMG_3075-t
IMG_3074-t
IMG_3071-t
IMG_3070-t
IMG_3068-t
Sさんの木工への意欲は 留まるところを知らず
物作りの方向性は
自分の満足する作品の枠を越えて
人の喜んでくれる作品にまで及んでいます。

この展開は予想もしていなかったことですが
自分のみならず、他の人も一緒に楽しんでいただこうとする
優しさが有るだろうし、木工班の利用者さんの中においては
パイオニア的な存在の自分が、楽しさを作り上げていこうと
している様子さえ窺えます。
この想いは 大げさでなく、私も勉強させられました。
木工という物は、そういう趣旨も多分に含まれている物なのでしょうね。

そんな事も有ってか
作品がより一層 愛おしく思えます。

Yさんは自分の手の型を切り抜いて満足そうIMG_3006-t
今までは色を付けたがらなかったが
この作品には色を付けたいと言ってきた。
これからは色とりどりの作品が拝見できそうである。

学園で使っている塗料はアクリル絵の具と水彩絵の具
塗る作業が難しい方も多いのですが
なんとか工夫して塗り終えています。

私などは色選びに悩みに悩みますが
利用者さんたちは数秒で決めて、すぐに塗り始めます。
天才と言うより無謀だと思いますw
ですが、それも個性でしょうね。

IMG_2972-t
木工班 Sさん作

今日は節分です。
今年は豆まきをしませんでしたが
鬼に豆をぶつけるのは可哀相と、鬼にも労りの心を持ち
ついには鬼を改心させてしまう利用者さんたちであろうと思います。


明日は立春
待ちに待った春です。
まだまだ寒いですが、暖かい服装で頑張りましょう。

Tさんは、何か作るように木片を手渡されても
きちんと整理してしまいます。IMG_2966-t
これでパズルが出来るような隙間のない仕舞い方です。

Tさんは、木工と言うより紙に描くことの方が好きなようで
紙を携帯していて、それに何か描いている姿を見かけます。

木片を片付けて楽しむという、新しいジャンル・・・

木片をいくつかの箱に片付けるパズルとか
知育や機能維持として役立つかもしれない。

Tさん、ヒント頂きました。ありがとうございます。


端材を ただ切って強引に張り付けるだけだったYさんの木工
最近ではサイズを測り、クランプで慎重に組み合わせることが出来るようになった。IMG_2952-t
作る喜びに完成度の向上が増し、ますます意欲的に取り組まれています。

日々上達する様を見ていますと
自分達も かくあるべきだなと思います。

木工班の利用者さんは「あすなろ祭」への出展の準備が終わり
今は自由に時間を過ごしています。
きっと新しい何かに挑戦し始めていることでしょう。

このページのトップヘ