たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: 紹介

IMG_2268-t
Yさんは こういう物を作り続けています。

考えながら作っているのですが
見通しを立てている風にも見えず
思いつきのままボンドでくっつけている感じです。

私などは「これが何になるのだ?」などと
つい実用性があるかどうかを問うてしまいますが
そんな事は関係なく
これは充分考えられた作品だという事を
大事にしなければいけないかもしれませんね。

IMG_2277-t

宝船に七福神ならぬ七つのUMAが乗ったw
外見はともかく、これらは神に違いない。


夏休みを終えて
木工班は「ゆうあい作品展」や「あすなろ祭」に向けて
何か自分の作品を作り始める時期に来ている。

もう十数個も作った人、作る素振りもない人
様々な状況だが、作る楽しみを共感しながら
自然と有るべき方向へ向かいたいものです。


預けた作品に色は付いたのかな?
月曜日に それを確かめる。
意外であれば意外なほど面白い
奇想天外な作品を期待しています。


IMG_2280-t
木工室にあった猫らしきもの

このプレートが何であるかを考えてはいけないのだろう
自由な創造力のたまもの

ちょっと憎らしい表情
でも、有ったら和むだろうな
こんな猫らしきもの。


Mさんは 同じ物を何個も描く
時間と余白が有れば一冊まるごと同じ物を描いてしまう。
キャ
好きで描いてると思って聞いてみると
「仕事で描いている」と言う。

余白を埋めるという作業が
同じ物を描く理由らしい。

しかしこれも面白い
余白を埋めるだけの作品も有って良いと思います。
もっと大きな紙で 同じ物を埋め尽くしていただきたい
それはきっと意味のある何かになる事でしょう。


今日は地域交流会が行われ
食事会、カラオケ大会、ボーリング大会のイベントを楽しみました。
IMG_2196-t
木工班の皆さんも、それぞれが充分に楽しんでいたようです。

カラオケの出来を聞きに来たり、
ボーリングの途中で「コツを掴んだ」と報告に来てくれたり
参加賞を大事そうに見せてくれたり、楽しそうな様子を伺って
私達も喜びのお裾分けを頂きました。

利用者の方々も担当職員の方々もお疲れ様でした
きっと今頃は今日の夢を観ている事でしょう。

このページのトップヘ