たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: 紹介

木工班は「ぐんまちゃんなべ敷き」の制作に集中しています。

でも創作活動も継続しています。
そんなSさんの作品
IMG_1907-t
救急車の小物入れ。
これに傷テープとか消毒薬などを入れたら面白いですね。
おそらく必要になるだろうし・・・

IMG_1908-t
なんと、ナンバー119

IMG_1909-t
と思ったら す-6-08

すげー自由だなぁ
楽しむ木工は、こうでなくちゃね。


木工班の班活動は月曜日からです。
次は何が出来るのか・・・
おそらくパトカーでしょう。

IMG_1455-t
これは昨年の「ゆうあい作品展」「あすなろ祭」に出品した
利用者さんたちと職員の共同作品。
色々な個性が星のもとに集まっている様を表現しました。

形が微妙に違うために、パズルとして難しくて面白いです。

最終的に透明ニスでコーティングしたら
コーティングの僅かな厚みでピースが入らなくなり
利用者さんと一緒にサンドペーパーで ニスを削り取った思い出があります。

この作品は、いつか製品として販売するために
色合いや形のバリエーションを増やしたいと思っております。

先日より気になっていた物
なんだか解りませんが、自由奔放に作った作品だと思います。IMG_1742-t-t
鬼のような河童のようなミュータントタートルのような・・・

ウルトラQに出てきた「ラゴン」の様なトラウマ級の物。
良い悪いの判断は無しにしますが、何か言いしれぬ力強さは有ります。
これがどういった経緯で出来たのかには興味がありますね。

ぜひ何か名前を付けてもらいたいです。




Yさんの近作IMG_1590-t

タイトルは「無題」
自由な発想とボンドの接着力の限界に挑んだ作品。

エッシャーのトリックアートを彷彿とさせる構造物ですが
無理に何か理解しようとするのは無意味です。

楽しく木工をしていただけるなら何でも良いのです。
何でも良いというのはYさんに些か失礼ではあると思うのですが
この作品の良さを共有できる方も いらっしゃると思います。

作った人と琴線に触れた人、
その方たちだけの作品というも有っていいですよね。

木工室を覗いたら
またまた出来ていましたよ
自由な発想で作られた物が
IMG_1659-t

IMG_1662-t
真ん中に写真を入れたいそうです。

IMG_1672-t
発色も良く、塗りの技術が格段に良くなっています。

以上の3点は、ぐんまちゃんを切った切り落とし部分を再利用しています。

IMG_1663-t
これは紛う事なきMさんの作品。
いつもこの絵を描いているから一目でわかりました。
IMG_1666-t
作者不明

どれも個性的で、楽しみながら作っているというのがよくわかります。
木工は楽しくなくちゃね。



このページのトップヘ