たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: ひとやすみ

Sさんが自分の作品の写真を撮ってくれと言うので
この画像をそのままA4プリントしてプレゼントした。
IMG_1097-t
思ったより大きな写真だったので喜んでいた。


それにしても あのヒマワリが本物の時計になるとはね。
片方は、要らない時計を分解して利用しています
まさかここまでやるとは、アッパレ!

でも本当に感心したのは下のような
端々に見え隠れする才能なんですよね。
IMG_1017-t
IMG_1018-t
IMG_1019-t
トールペイントの醍醐味は遊び心
そのへんを抑えているようで
あいつ なかなかやるな、という感じです。

次は木目を活かした作品を期待したいですね
もう絵の具が無くなってるしw







職員が作業で切り落とした 要らない端材を
無理矢理ボンド付けして作品を作っているYさん。
IMG_1021-t

出来た作品は とても壊れやすく
「三匹の子豚」で例えたらオオカミの一息で軽く崩れるレベル。

私が「こんなんじゃ壊れるから丈夫に作った方が良いよ」と言うと。
「これでいいんだよ(`□´)!」
・・・・・・・・・
まったく あの頑固じじ・・・あ、いや。自分の信念に忠実な方です。

ところが ベテラン支援員のアドバイスを受けながら
今作っている作品はこれ
IMG_1045-t
とてもしっかりとしていて正確。
Yさんも、作りながら満足そう。

ベテラン支援員は魔法使いなのだろうか?
あんな頑固じ・・・・・じぶんの信念に忠実な人の気持ちを変えて
作品をこんなにも進化させてしまうのだから。

この作品は「あすなろ祭」に間に合わなかったのですが
次回の発表する機会には、より完成度を増してお目見えするでしょう。
楽しみに待ってますよ。

その頃には私も少しだけ魔法が使えるようになりたいw

木工室で作業していますと
製品作りのための試作品を見つけることが出来ます。

いずれは商品化を検討されるかもしれませんが
今のところはまだ未完成の試作品です。

ポケットティシューBOX
IMG_1036-t
面白いですね。
一般的に売られている物もありますが
ティシューが少なくなっていくのにしたがい、板が下がっていく時に
よほど滑りが良くないと、引っかかったりしてしまうと思います。

その点の工夫と作りやすさ+オリジナリティーで
どれだけ付加価値を付けられるかでしょうか。

ティシューが小分けで売られているので
単にストッカーとしての方が便利に使って頂けるかもしれませんね。


湯呑み状の物
IMG_1049-t
これは木片を切り出した物と言うことで
張り付けたのは一カ所のみという事です。

この形を旋盤無しで作るのが どれほど難しいかは承知なので
ずいぶん手間が掛かったろうなと思います。

この手の商品は苦労が報われない場合が多いのですが
いっそのこと利用者の皆さんと、思いっきり時間を掛けて
手で削りだしてみるのも面白いかと。
その場合は、工業製品で作りやすい円や四角を避けて
不定型な薄皿かプレート状の物になると思いますが。


竹の靴べら
IMG_1039-t
これは既に実用品として使っています
使いやすいです。

たけのこ学園の廻りは竹林がいっぱい。
もし竹を ふんだんに使えるなら
製品の幅も広がるでしょう。


このように、常に新しい物を模索していく中に
新製品の方向性が見えてくると思います。

先日は実習生の方とキッチン用品談義をしました。
私などでは気づかない、キッチンの中にも
便利グッズになる製品は有りそうだなと感心しました。

ヒントは意外と身近な所にも有るのかもしれませんね。

木工班の入所者さんたちは
あすなろ祭に向けての作品の仕上げで忙しく
明日の搬入準備に、やっと間に合ってホッと一息です。

作品の方は当日写真に収めて 近い内に紹介させていただきます。



さて
オモチャをテーブルの上でクルクル回すのが好きな Kさん。
こんな物が用意されていて 時々遊んでいます。
IMG_1076-t01
ぐんまちゃんが・・・

きっと制作途中で 欠けたとかでオモチャになった ぐんまちゃん なのでしょうね。
でもでも
ぐんまちゃんは どんな場面でも頑張りますっ!!

木工班では、全ての利用者さんたちが
様々な関わり方で木工を楽しんでいますよ~

2月26日
たけのこ学園では保護者会が開かれました。


久しぶりの家族との親交を楽しみにしていた利用者さん達も
ご家族の方々も、みんな和気藹々と歓談されていました。

また、この日はアトラクションとして
マグロの解体ショーが行われました。
IMG_0998-t
この後、さばきたてのマグロを
お腹いっぱい食べました。
少々食べ過ぎた利用者さんも居たみたいですが
ご家族との楽しい食事会ですもの
それは仕方ありませんね。

このページのトップヘ