たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: ひとやすみ

x-m
イヴは日曜日
本日25日は月曜日なので木工がある。

26日が大掃除で28日から帰省が始まるので
本日は今年最後の木工になる。

今年を総括する言葉を選ぶとしたら
利用者の皆さんは どんな言葉を選ぶのでしょう?
私は差し詰め「呼吸」でしょうか。
作品を作る度、木に触れる度に
木が呼吸している感じがして
温かさと畏敬の念をもって接してきました。

まぁ、個人的な事はともかく
来年は今年以上に利用者さんたちとの関わりを強めたい。
共同作業で どんな方向性が有るのだろうか
それを楽しみながら班活動をするという感じになるでしょうね。

群馬県障害者作品展の作品が完成し
本日搬入されます。

間に合って良かった~
この後も「ゆうあい作品展」「あすなろ祭」と、発表できる場が続きます。
まだまだ気を緩めるわけにはいきません
できる限り多くの人に観てもらいたいです。


IMG_2711-t
先月の誕生会は3人でした。
でも木工班の利用者さんが一人居ましたので
買い物に行ってきました。

年に一度のプレゼント
どんな想いで受け取っていただいたのでしょう?
笑顔が全てを物語ってくれたと思います。
あの笑顔、大事にしたいですね。






たけのこ学園の利用者さんが以前に作った ちぎり絵です。IMG_2459-t
IMG_2458-t
IMG_2457-t
どれも躍動感がありますね。

生活班では今、ちぎり絵を作っている人が居ます。
自分の好きな花や人物や動物など、モチーフは自由奔放
でも そこが良いんですよね、
何の制約もなく 思いの丈を表現出来る事が大切です。
私達は何が出来るか楽しみに待ちましょう。

群馬の北部は もう寒い
指先が かじかまないように 暖かくして創作活動をしています。


先日は園芸班への配属でした。IMG_2369-t
落花生を天日で干しています
この後に炒る作業が有るようです。

私は選別を担当し、傷のある物や汚れが落ちない物などを
選り分ける作業をしました。
利用者さんの選別は時間が掛かりますが
丁寧な見極めで、良い落花生の製品が出来上がります。

落花生の乾いた香り、カラカラという音
利用者さんとの共同作業は
楽しくも真剣な ひとときです。


木を挽き割りした後の切り落としを包丁にしてみたIMG_2319-t
時々こんな事をして、常に笑いの絶えない木工班なのです。

さて、今日から9月
創造の秋を思う存分楽しもうと思っております。

職員の方の いくつかのアイディアを聞きました。
共同作品で面白い物が出来そうです
私も参加させてもらおうかな。

このページのトップヘ