たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

カテゴリ: 作業


学園では 春の帰省から戻ってきた利用者さんたちも
いつものペースを取り戻しつつあり、落ち着いた感じになりました。

私は4月7日、久しぶりに木工班で作業出来ます。
ぐんまちゃんを切るよう指示が出ていますので
利用者さんたちの生活支援と ぐんまちゃんを切る事が中心になるでしょう。
IMG_0863-t
電動カンナと ぐんまちゃん

一枚一枚 心を込めて切ります。
上の方の線の間隔が細いところが一番難しいです
息を止めて作業していますw

本日、木工班では
受注した 杭を作る作業が行われました。
IMG_1467-t
杭の材木

IMG_1469-t
切断された杭

IMG_1472-t
主に杭を加工する機械

IMG_1578-t
先を尖らせて完成間近


これを何百本も作ります。
この先は刺さることもあり、扱いには注意が必要です。

作業中は大型の集塵機が ずっと稼働しており
とてもうるさいです。
でも慣れると集中できるから不思議ですね。

杭を作る人、木工製品を作る人、自分の作品を作る人
それぞれが騒音の中で、自分の作業に集中しています。


ある日、杭を作っていた職員が
木工室を閉めなければならない時間になっても
少しだけ杭を作る作業が残ってしまい
木工室を閉めるときに
「杭だけに 悔いが残る」という珠玉の親父ギャグを発しました。
その一度だけなんですけどね、面白かったの。

たまご形小物入れに続いて
小物入れを作ろうと外枠の形を考えています。
kata-k

ハート形と  そらまめ形

私は、イラストレーターやフォトショップは使わず
フリーハンドで何度も修正しながら
コピーとトレーシングペーパーで形を作るのが好きです。

そして利用者さんたちの絵も収集中。
なかなか大きく描いてくれないので苦戦しますが
面白いデザインが集まっています。


今日は土曜日なので木工班は お休み。
それでも「木工をやりたい」という利用者さんも居て
作る事を楽しんでいただけているのかな、と喜んでいます。

IMG_1424-t
穴が二つ有ると
人はそれを目だと認識します。

作品作りで目を明けるとき
たんなる木だった物に命が吹き込まれていくような気がします。
画竜点睛とは申しますが
まさにその思いで慎重に目を明けています。

大きい作品の目は糸鋸で切りますが
小さな作品でオーバル形の目が必要な時は
棒ヤスリやリューターなどで修正を加えてオーバルにします。
この作業を疎かにしますと今度は、画竜点睛を欠く
という事になります。
何事も仕上げが肝心と言う事ですね。

これを一番肝に銘じなければならないのは
自分なのですがw


利用者さんのデザインを取り入れた物を作りたい。
ずっとそう思っていたので作ってみます。

IMG_1080-t
素材はヒノキ。それを何枚も重ねます。
IMG_1084-t
スプレーのりで枠の原画を張り付け
板は両面テープで重ねて一気に切ります。

DSC_7339-t
フタの部分にMさんが描いてくれたネコの絵を彫ります。
木肌が汚れないように紙で保護しています。

彫った部分にアクリル絵の具を塗り
全体に天然素材のクリームを丁寧に塗ります。

完成までには細かい作業がありますが
写真を撮らなかったので説明は端折りました。

今、放置してクリームを乾かしています
乾いたら布で から拭きして完成の予定。
完成品はまた後ほど

このページのトップヘ