たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

2017年12月

削りカス
IMG_2786-t
プレナーを掛けて板が出来き、その板が「ぐんまちゃん」や「動物鍋敷き」になる。

糸鋸盤で切られるのを待っている板
IMG_2742-t切り終わると利用者さんの手に渡され、修正や磨きに掛けられる。
一つの製品を作るための共同作業
どの過程を疎かにしても良い物は出来ない。
正確さやラインに注意を払いますが
でも本当はそれ以上に大事な物を損なわないための作業。
それは手作りの良さ。
手に取るだけで温かさが伝わるような製品
それを目指して来年も頑張ります。


本日は帰省日で、利用者さんの多くが家に帰られました。
学園内が閑散として、なんとなく寂しい感じもありますが
今頃は御家族と大切な時間を過ごされていると思うと
ゆっくり休んできて下さいという気持ちです。



x-m
イヴは日曜日
本日25日は月曜日なので木工がある。

26日が大掃除で28日から帰省が始まるので
本日は今年最後の木工になる。

今年を総括する言葉を選ぶとしたら
利用者の皆さんは どんな言葉を選ぶのでしょう?
私は差し詰め「呼吸」でしょうか。
作品を作る度、木に触れる度に
木が呼吸している感じがして
温かさと畏敬の念をもって接してきました。

まぁ、個人的な事はともかく
来年は今年以上に利用者さんたちとの関わりを強めたい。
共同作業で どんな方向性が有るのだろうか
それを楽しみながら班活動をするという感じになるでしょうね。

21日は「クリスマス会」が行われ
利用者さんたちは、ダンスやカラオケ、プレゼントや食事など
待ちに待ったクリスマスイベントを楽しまれました。
xjx-t
 趣向を凝らしたプログラムが続き
笑いと温かさに包まれた良いイベントになりました。
みなさん昨晩は さぞかし良く眠れたことでしょう。

私達職員も充分に楽しませていただきました。
担当スタッフの皆様
ありがとうございました&お疲れ様でした。


たけのこ学園では 12月21日に「クリスマス会」が行われる予定で
今、その準備を始めています。IMG_2752-t


木工班の手作りオーナメントも
IMG_2753-t


クリスマス会が楽しくなりますように
IMG_2751-t

みなさまにとっても、良いクリスマス&良い冬になりますように。

木工班では、知育玩具や機能維持のための製品も開発中です。IMG_2778-t
IMG_2780-t
まだ 試作段階なので試行錯誤の繰り返し
納得行く物が出来るまで頑張ります。


昭和村にも雪が積もりました。
これからは寒さと雪の対策をしながらの作業です
風邪を引かないように、転ばないように。

このページのトップヘ