Yさんの作っている物の中に、面白い作品があったので
「仕上げをさせて欲しい」と申し出た。
IMG_1021-s

あっさりOKが出たので
アンティーク調の仕上げを施してみた。
DSC_7392-s

仕上げ作業の手順としては

・紙ヤスリで角を落とす
・パテにアクリル絵の具(黒)を混ぜ、焦げ茶にして隙間に擦り込む
・再び紙ヤスリで表面を整える
・オールパーパスシーラーを塗る
・深みを出すために何色かのアクリル絵の具を、薄く塗り重ねる
 (強い光沢を出したいときはグロスメディウムで溶く)
・凸部分に軽く紙ヤスリを掛け、擦り切れた感じを加える
・グロスバーニッシュで均一の光沢を出す

以上の工程です。

パテ(タモ)にアクリル絵の具は駄目とネット上では言われていますが
試したラッカー樹脂とアクリル樹脂のパテは
別の作品で何ヶ月か様子を見ましたが、割れも引けもなく大丈夫そうです。

塗り重ねる絵の具は、使いたい色の補色をベースに施す事で
より効果的で深みのある色合いになると思います。
混ぜて使用することも可能なのでバリエーションは無限です。

アクリル絵の具はドライヤーで早く乾かすことも出来ますので
簡単で効果的なアイテムだと思います。
アンティーク調が比較的簡単にできることを確認し
煉瓦調の皿とか時計台などを作ってみたくなりました。