たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「 きょうもがんばったよ 」は、Mさんのくちぐせ。
一日かけて作るはずが5分で完成 !?
それもいいでしょう、楽しく頑張ってるんだから。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

IMG_0788-t
大きな機械は危険が伴いますので、職員が担当します。

IMG_0791-t
ヤスリの跡が残っていないか見ながら、全面にペーパーを掛けていきます。

IMG_0780-t
IMG_0783-t
IMG_0789-t
IMG_0800-t
ペーパー作業の最後は「面取り」と言われる処理。

シャープに仕上げられた角を滑らかなカーブに削り出す作業。
角が尖っていると手を傷つけてしまったりして危険なので、必ず面取りをします。
この作業を丁寧に施す事で
全体に柔らかい雰囲気を与え、いい作品になります。

簡単そうに見えて意外と難しく
合理的に早くやろうとすると
平らな面になってしまったり、凸凹になったり・・・。
この作業では根気が有り、丁寧に作業してくれます利用者さんたちの力が
大きな役割を果たしています。

ゆうあい作品展
今日は「たけのこ学園」以外の方々の作品を
ほんの一部ですが 紹介させていただきます。

IMG_0645-t
IMG_0646-t
IMG_0649-t
IMG_0653-t
IMG_0658-t
IMG_0659-t
IMG_0665-t
IMG_0666-t
IMG_0669-t
IMG_0671-t
IMG_0672-t
IMG_0673-t
IMG_0676-t
IMG_0677-t
IMG_0680-t
IMG_0681-t
IMG_0687-t
IMG_0694-t
IMG_0695-t
IMG_0696-t
IMG_0697-t
IMG_0698-t
IMG_0702-t
IMG_0703-t
IMG_0706-t
IMG_0710-t
IMG_0711-t
IMG_0712-t
IMG_0713-t
IMG_0714-t
IMG_0716-t
IMG_0734-t
IMG_0736-t
IMG_0766-tIMG_1581-t

どの作品も発想豊かで力強いですね。
奇をてらう訳でもなく
自然に これらのイメージが湧き出しているのが凄いです。

ゆうあい作品展は、今月22日まで
沼田市役所前の中央公民館2階で開催されていますよ~。

ただいま、沼田市役所前の中央公民館で開催されております
ゆうあい作品展
に行ってきましたので
たけのこ学園の利用者さんの作品を掲載させていただきます。


y-01
おもに女性の方々の作品。この一角はひときわ華やいで見えました。
ティシューを千切るのが好きな利用者さんも
しっかりと作品として参加できています。

y-02
これは共同作品
やはりとても華やかですね。

y-03
Aさんの作品
ベッドの脇で作っていたそうです。

y-04
Oさんの作品
美味しそうですね。



y-05
y-06
Sさんの作品
緑のはお気に入りですが、黒い方は「なんでこんなに黒いの~」と申しておりました。

y-07
Mさんの作品
雲の上みたいですね。

y-08
Kさんの作品
上部が欠けてしまったようですが、なかなかの味わいです。

y-09
Sさんの作品
これは年賀状の大きな物でしょうか?

y-10
Sさんの作品
以前から作っていた電車に追加して付けたようです。
これで重連になりました。


作品の感じ方は様々ですので、私見は控えたいところですが
とても魅力ある作品が数多く展示されています。
私が行った後に何点か追加で搬入されたようですので
時間が有ればまた行ってみようと思います。

ゆうあい作品展は2月22日(水)まで開催されていますので
一生懸命作った作品を、この機会にぜひご覧下さい。




ゆうあいパンフ-t
毎年恒例となっております「ゆうあい作品展」が
本日2月15日(水)~22日(水) 沼田市中央公民館 2階 展示ホール にて開催されています。

たけのこ学園の利用者を始め、多くの方々の力作が揃って展示されています。
お近くにお住まいの方、ご都合がよろしい方は是非この機会に、ご覧いただきたいと思います。
思わぬ名作に出会えますよ。

mari-ki-t

木工班に所属する利用者さんたちには
障害の重い方も軽い方もいらっしゃいまして、
それぞれが自分なりに頑張っています。

画像の木片は
一人の利用者さんが何ヶ月もかかって
紙ヤスリだけで削りだした、というか
磨いているうちに減って作り出された物。

本人の意図が形になった物では有りませんが
側で見ている者にとっては
これが「がんばったよ」を何ヶ月も言いながら出来た、大切な物だと解ります。

でも、初めてこの木片を見た人には、ただの木片にしか見えませんよね?
そう思いますと、この木片が生まれた理由を お伝えするのも
支援員の大切な仕事の一つなのかなと思ってしまいます。

ちなみに この木片は
本人の意思で、好きな絵を描いてもらい
昨年の「ゆうあい作品展」「あすなろ祭」に出展して見てもらいました。
その後は、家族にあげると言う事でしたので
今頃は家に飾られているでしょうか?
完成品の画像が どこかに紛れてしまったので
見つかりましたら、いずれアップしたいと思います。


上記の「ゆうあい作品展」が 今年も開催されます。
詳しい内容を後日紹介させていただきます。

このページのトップヘ