たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「 きょうもがんばったよ 」は、Mさんのくちぐせ。
一日かけて作るはずが5分で完成 !?
それもいいでしょう、楽しく頑張ってるんだから。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

利用者さんの新しい作品が出来ていました。
IMG_1984-tIMG_1985-t
IMG_1986-t
IMG_1987-t
IMG_1988-t
どうですか?この味わい
なかなか出せない魅力ですよね。

作っているところを見ていますと
いい加減で、何も考えていない様に見えて
出来上がると、そこそこの品物になる。
細工は流々、仕上げを御覧じろ。
という事なんでしょうね


さて
今日からまた木工班の一週間が始まります
自信作、傑作、迷作の数々を生み出しましょう。


IMG_1983-t

毎日 ぐんまちゃんを切っていると
自分の顔が ぐんまちゃんに似てきたような気がします。
あ~、ニンジンが食いたい

同じようで少し違う。
これは切り手の違いの他に
木の剥がれやヤスリなどの種類が原因になります。

剥がれた部分を丸めたり
ヤスリのカーブに削れたり
エラーの修正が微妙な個性を創り出しています。

人間も同じですよね
自分の欠点が、返ってチャームポイントになったりして。
まぁ、そういう好都合な事ばかりではないでしょうが・・・。

今のところ、ロスは殆どありません
この感じで最後まで進めていこうと思います。

IMG_1596-t-t

木工室は機械類が多く、作業や転倒での事故が起こりやすい。
危険な作業は職員が担当し、移動の時なども
職員が注意を払っています。

利用者さんたちは新しい機械、工具などに興味津々。
見ているうちに使い方を憶えてしまい
使ってみたい気持ちも膨らみます。

でも、そこは我慢してもらいます。
いくら楽しくても危険を伴うような作業はいけません。

事故を起こさせない工夫
常に心がけましょう。

DSC_6963-01-t
一昨日は保護者会が催され、利用者のみなさんも、ご家族との団欒を大いに楽しまれたようです。

木工班では、日頃の創作活動で作った 作品を見てもらいました。
保護者の方々も、名作や迷作の数々に、感心したり笑ったり
きっと微笑ましく ご覧頂いた事でしょう。

どんなに親しい間柄でも気づかなかった
意外な一面を発見できたかも知れませんね。

私は遅く出勤したため、保護者会は終わってしまっていて
画像を撮ることは出来ませんでしたが
利用者さんたちから、その様子を伺うことが出来ました。

次は是非、ご家族への想いを込めたプレゼント用の作品にも
チャレンジしていただきたいですね。

IMG_1976-t
先日作ったトリマーテーブル
さっそく 「ぐんまちゃんなべ敷き」の制作で活躍しています。

目と口の部分で使っています。
刃は それぞれルータービット6mm、エンドミル3mmです
画像では口の中にエンドミル3mmが入った状態
これから修正する所です。

ルーターはテンプレートを使い、フラッシュトリムビットで一気に
作ってしまおうと思ったのですが、欲しい直径の物が無いのと
糸鋸盤で切る手仕事の部分を残したいので、軽い修正のためだけに使う事にしました。

一つ一つ丁寧に作りたいという思い、切り手による好みの違い
同じ物は無い、僅かな個性の違いを お楽しみいただけましたらと思います。




学園では明日「保護者会」が開かれます。

利用者さんが待ちに待っていたイベントです。
それは保護者の方々も同じだと思いますが
職員にとっても利用者さんの日頃の活躍をお伝えできる
貴重な機会となります。

利用者さんの最高の笑顔を見られたり
意外な一面を保護者の方から お伺いできたり
この機会から得られる情報は今後の支援の指針となります。

あいにく私は夜勤のため、同席することは出来ませんが
その温もりの余韻を感じられるはずですので
それを収めてこようと思っています。


このページのトップヘ