たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「 きょうもがんばったよ 」は、Mさんのくちぐせ。
一日かけて作るはずが5分で完成 !?
それもいいでしょう、楽しく頑張ってるんだから。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

群馬県庁1階 県民ホール(北側・南側)にて
「第48回ぐんま知的障害者施設ゆうあいフェスティバル」(pdf)
が開催されます。

日時は
平成30年1月9日(火)~11日(木)
9時00分~16時30分 (初日は11時から、最終日は16時まで)

製作品の展示の他、おいしいパンやお菓子、農産品、手工芸品等の販売も有ります。
日頃の成果を観て頂ける貴重な機会ですので頑張ります
足をお運び頂けましたら嬉しいです。



木製パズルの一作目が出来上りました。
DSC_8686-t
母猫の下で元気に育っている子猫をイメージした物
知育玩具や機能維持のアイテムとして使っていただけたらと思います。
IMG_2829-t

2作目、3作目も試作中
利用者さんたちも楽しそうに遊んでくれています。

昨年は利用者さんの個性を把握できた良い年になりました。

昨年 私が一番気に入った画像です。
png_effected
自分の作品が完成して誇らしげ
後ろに隠れている満面の笑みを作品が代弁してくれています。

大きな可能性を持った利用者さんたち
その片鱗を垣間見るにつけ、小さな一歩を踏み出したような気がしました。
その想いは今後、作品という形で実を結んでくれる事でしょう。
私は、そのお手伝いを頑張ります。

このブログを観て下さっているみなさま、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

削りカス
IMG_2786-t
プレナーを掛けて板が出来き、その板が「ぐんまちゃん」や「動物鍋敷き」になる。

糸鋸盤で切られるのを待っている板
IMG_2742-t切り終わると利用者さんの手に渡され、修正や磨きに掛けられる。
一つの製品を作るための共同作業
どの過程を疎かにしても良い物は出来ない。
正確さやラインに注意を払いますが
でも本当はそれ以上に大事な物を損なわないための作業。
それは手作りの良さ。
手に取るだけで温かさが伝わるような製品
それを目指して来年も頑張ります。


本日は帰省日で、利用者さんの多くが家に帰られました。
学園内が閑散として、なんとなく寂しい感じもありますが
今頃は御家族と大切な時間を過ごされていると思うと
ゆっくり休んできて下さいという気持ちです。



x-m
イヴは日曜日
本日25日は月曜日なので木工がある。

26日が大掃除で28日から帰省が始まるので
本日は今年最後の木工になる。

今年を総括する言葉を選ぶとしたら
利用者の皆さんは どんな言葉を選ぶのでしょう?
私は差し詰め「呼吸」でしょうか。
作品を作る度、木に触れる度に
木が呼吸している感じがして
温かさと畏敬の念をもって接してきました。

まぁ、個人的な事はともかく
来年は今年以上に利用者さんたちとの関わりを強めたい。
共同作業で どんな方向性が有るのだろうか
それを楽しみながら班活動をするという感じになるでしょうね。

このページのトップヘ