たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「 きょうもがんばったよ 」は、Mさんのくちぐせ。
一日かけて作るはずが5分で完成 !?
それもいいでしょう、楽しく頑張ってるんだから。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

IMG_1976-t
先日作ったトリマーテーブル
さっそく 「ぐんまちゃんなべ敷き」の制作で活躍しています。

目と口の部分で使っています。
刃は それぞれルータービット6mm、エンドミル3mmです
画像では口の中にエンドミル3mmが入った状態
これから修正する所です。

ルーターはテンプレートを使い、フラッシュトリムビットで一気に
作ってしまおうと思ったのですが、欲しい直径の物が無いのと
糸鋸盤で切る手仕事の部分を残したいので、軽い修正のためだけに使う事にしました。

一つ一つ丁寧に作りたいという思い、切り手による好みの違い
同じ物は無い、僅かな個性の違いを お楽しみいただけましたらと思います。




学園では明日「保護者会」が開かれます。

利用者さんが待ちに待っていたイベントです。
それは保護者の方々も同じだと思いますが
職員にとっても利用者さんの日頃の活躍をお伝えできる
貴重な機会となります。

利用者さんの最高の笑顔を見られたり
意外な一面を保護者の方から お伺いできたり
この機会から得られる情報は今後の支援の指針となります。

あいにく私は夜勤のため、同席することは出来ませんが
その温もりの余韻を感じられるはずですので
それを収めてこようと思っています。


木工室では 木工だけをやっているわけではなく
本を読んだり、絵を描いたり、音楽を聴いたりしながら
時々木工をしている方もいらっしゃいます。
IMG_1355-t
木工室は不思議な場所で
技術の修練の場でもあり、好きなことをして過ごす場でもあります。
一見するとバラバラな行動をしているように見えますが
それでも木工室で活動しているという絆で結ばれています。

歯磨き、班活動、おやつ、入浴、これらは班単位で行われ
同じスケジュールをこなし、お互い助け合う仲間として
木工班という括りは大切な物となっています。
ですから、木工室に行って自席で過ごす事って大切な事ですよね。


学園は27日の保護者会を控え、利用者さんの気分は高揚気味です。
日頃の成果を保護者の方に見ていただける機会があれば
嬉しいでしょうね。

納入される杉板にはバラツキがあり
それが返って製品の個性になっています。IMG_1055-t
今日、なべ敷きを加工していて
側面に木目の中心が綺麗に出ている物を見つけました。
偶然の産物でしょうが、何となく縁起が良い気がしました。

節にしても、欠点としてみれば 残念な感じになりますが
よく見ると様々な形が、個性的で魅力的です。
死に節は取れてしまうので使えませんが
他の節を効果的に使っていくことは出来ないでしょうか?
色々考えています。


一日の作業が終わり、糸鋸盤に感謝しながらオイルを注しました。
切りかけの木片も そのまま明日切る人にバトンタッチ。
作業が区分けされているわけではなく、それぞれが連携して製品が完成しています。
みんなの作品ということですね


木工班は「ぐんまちゃんなべ敷き」の制作に集中しています。

でも創作活動も継続しています。
そんなSさんの作品
IMG_1907-t
救急車の小物入れ。
これに傷テープとか消毒薬などを入れたら面白いですね。
おそらく必要になるだろうし・・・

IMG_1908-t
なんと、ナンバー119

IMG_1909-t
と思ったら す-6-08

すげー自由だなぁ
楽しむ木工は、こうでなくちゃね。


木工班の班活動は月曜日からです。
次は何が出来るのか・・・
おそらくパトカーでしょう。

cat-nec-01-t
木はブナと月桂樹を使用しております。

猫が走っているように揺れます
裏表どちらでも着けられます。

目と鼻の位置で印象が変わるために
穴開けは真剣そのもの
話しかけられても返事できませんw

この製品も たけのこ学園近隣の販売店に
置いていただく予定です。

気軽に着けられるワンポイントとして如何でしょうか?

このページのトップヘ