たけのこ学園 木工班 ~きょうもがんばったよ~

障害者支援施設 「たけのこ学園」木工班のブログ。 日々楽しみながら、悩みながら、オリジナル作品を作っています。 発想力豊かな天才たち、いったいどんな傑作が生まれるのでしょうね? 木工班担当職員が、日常を綴らせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「 きょうもがんばったよ 」は、Mさんのくちぐせ。
一日かけて作るはずが5分で完成 !?
それもいいでしょう、楽しく頑張ってるんだから。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Sさんの作った似顔絵作品IMG_3077-t
IMG_3075-t
IMG_3074-t
IMG_3071-t
IMG_3070-t
IMG_3068-t
Sさんの木工への意欲は 留まるところを知らず
物作りの方向性は
自分の満足する作品の枠を越えて
人の喜んでくれる作品にまで及んでいます。

この展開は予想もしていなかったことですが
自分のみならず、他の人も一緒に楽しんでいただこうとする
優しさが有るだろうし、木工班の利用者さんの中においては
パイオニア的な存在の自分が、楽しさを作り上げていこうと
している様子さえ窺えます。
この想いは 大げさでなく、私も勉強させられました。
木工という物は、そういう趣旨も多分に含まれている物なのでしょうね。

そんな事も有ってか
作品がより一層 愛おしく思えます。

私は糸鋸を右回りに切りますIMG_3005-t
左回りが得意な人も居るようです。

どちらでも切れるのが理想ですが
ずっと右回りで切っていたので その方が得意になりました。


今、猫の足跡の製品を考えています
でも世の中に多く有りすぎて・・・

遊び心満載な製品にしたいと思います。

Yさんは自分の手の型を切り抜いて満足そうIMG_3006-t
今までは色を付けたがらなかったが
この作品には色を付けたいと言ってきた。
これからは色とりどりの作品が拝見できそうである。

学園で使っている塗料はアクリル絵の具と水彩絵の具
塗る作業が難しい方も多いのですが
なんとか工夫して塗り終えています。

私などは色選びに悩みに悩みますが
利用者さんたちは数秒で決めて、すぐに塗り始めます。
天才と言うより無謀だと思いますw
ですが、それも個性でしょうね。

ぐんまちゃんストラップの加工
IMG_3010-t
木が動かないように枠で固定されています。
手が不自由でも紙ヤスリが掛けやすいように職員が作ってくれた物

どんなに障害が有ろうとも木工班として製品作りに参加したい。
そんな想いを汲んでくれる職員が居ることを誇りに思います。
これも一つのノーマライゼーションですよね
みんなで一緒に作る大切さを、ずっと大事にしたいです。

各イベントも終わり一段落
木工班の利用者さんたちは、また自分の作品を作り始めています。


ふと机の上を見れば こんな作品がIMG_3017-t
立体的な作品です。

平面から立体に、作風が広がりました
しかも色を塗らないで木目を活かしたいようです。
それはとても嬉しい事で
木、本来の美しさを大切にしたいという気持ちだろうと思います。

この作品、どう仕上がるかが楽しみです。

このページのトップヘ